Banner

中古マンションをフルリノベ Vol.2 板の貼り方いろいろ

前回のブログでご紹介したスケルトンリフォーム。

現在、着々と新しい空間作りが進んでいます。

 

間取りを変更するため、柱を立て、壁を作るところから始まります。

まずは、リビングの壁。

一面だけヘリンボーンにしてみました。

 

 

ヘリンボーンとは

一枚一枚、短い木のピースを組み合わせて貼っていく工法で、

魚の骨の形に似ていることから、

ヘリン(いわし)ボーン(骨)と呼ばれていることはご存知でしょうか?

フローリングとしても人気が高いのですが、

最近では、アクセントとして、壁にも使われるようになってきました。

 

 

リビングの天井は、乱尺張り

 

 

こちらも一枚一枚貼っていくのですが、

規則正しいヘリンボーンとは違い、一枚一枚の長さが異なるので、

木の表情がはっきりと分かるのが魅力です。

 

このように一枚一枚の板を貼る作業はなかなか大変ですが、

使用する木材の大きさや、素材、色によって

様々なテイストに変化します。

天然素材なので、年月が経つにつれて変化していくのもまた魅力です。

 

今回はレッドシダーを使用しました。

レッドシダーには独特な色の濃淡があるため、

板それぞれに、微妙な色の違いが生まれています。

それが、より一層、ぬくもりと味わいを生んでくれます。